不妊治療でアンチエイジング、その効果は?

不妊治療は高齢だからするというものではありませんが、晩婚化・晩産化が進んだ結果、患者さんの高齢化も進んでいます。特に今多いのは40才前後の患者さんです。

一般的には高齢になるほど妊娠しづらくなるのですが、その原因の多くは卵子の老化にあります。残念ながら今の医学では卵子の老化を止める術はありません。「卵子凍結」という方法もありますが、費用も高額になり、まだあまり一般的とはいえないでしょう。

しかし、卵子の老化を止めることはできなくても、遅らせることはできます。老化を少しでも遅らせれば、その分妊娠しやすくなると言えるので、自分の生活に取り入れてみる価値はあると思います。

その方法は普段の生活で誰にでもできる方法、いわゆる「アンチエイジング」と同じです。バランスのよい食生活を心がけ、適度な運動をすること。そして良質な睡眠をとり、前向きな気持ちをもつこと。こうした普段の生活が抗酸化力のアップにつながります。

抗酸化力を高めることは、卵子の老化対策にも有効ですが、女性の肌トラブルや病気の予防にもつながります。普段の生活の中に積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

https://biyonai.net/

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !