人によって異なるストレス耐性、あなたのせいではありません。

ストレスホルモンとも呼ばれる「コルチゾール」。心身がストレスを受けると急激に分泌が増えることからそのように呼ばれています。

 

たとえば人前でプレゼン発表をしたり、舞台の上に立つときなど、ほとんどの人が緊張すると思うのですが、このようなときコルチゾールは多く分泌され、平時の23倍にもなっているのです。コルチゾールの上昇が瞬間的なものであれば問題ありません。しかしこれが慢性的になってくると回復が促されず、脳の海馬を委縮させてしまうことがわかっています。

 

こうしたコルチゾールの分泌は個人差があることもわかっています。ある調査では、無作為に選んだ集団を、人前で話すというストレス状況下に置くと、親が緊張症である人はスピーチを終えて24時間経ってもコルチゾールの値が上昇したままだった、というデータもあります。

 

現代社会では誰しも少なからずストレスを抱えていますが、そのストレス耐性についても個人差があることを考えねばなりません。ストレス耐性の閾値は人によって異なり、環境要因、遺伝的要因、行動的要因、またはその複合的要因によって変わってくるのです。ある人にとって大丈夫なことが、ある人にとっては大丈夫でない、ということは多々あるのです。

 

自分の心の健康を過信しないこともまた、現代社会を生きる上で欠かせないように思います。

https://www.michiwaclinic.jp/

男性の婚活で求められることとは?

婚活がよい結果を結びつけるためにできること。それは『婚活』という言葉にとらわれず自分自身をトータルに高めていくことだと思います。婚活の場だけを取り繕ったとしても、それでうまくいくことはありません。仮にその場はうまくいったとしても、お付き合いをし始めればトータルな人間力が求められます。

 

といってもなにも高尚な人間になれと言っているわけではありません。ちょっとしたこと、相手への配慮ができるかどうか、相手の気持ちを慮ることができるかどうか、そこに婚活がうまくいく人といかない人の差があるような気がするのです。

 

相手への配慮というのは、ただ優しく接するということだけではありません。服装に気を遣うことだって相手に対しての立派な配慮ですし、自分の話ばかりせず相手の話すことをしっかり聞いてあげることも配慮なのです。そういった周囲に気遣いのできる男性であれば、自然と結果もついてくるでしょう。女性がパートナーとしての男性にのぞむことは、一緒にいて居心地がよく、共に楽しみを共有できる関係性なのだと思います。

https://mens-konkatu.info/miyamotohikarublog/

がん治療にも効果がある?遺伝子治療とは

近年、『がんの遺伝子治療』を取り扱う医療機関が増えつつあります。一昔前に夢の治療と騒がれたことをご存知の方もいるかもしれませんが、遺伝子治療とはどのような治療なのでしょうか。

 

遺伝子治療を知るには、がんがどのような病気なのかを考えてみる必要があります。がんという病気は言ってみれば遺伝子の病気です。遺伝子が正常なコントロール機能を失ってしまった状態ががんなのです。

 

正常な細胞には寿命があり、その役割を終えれば自死するようコントロールされています。しかし、がん細胞は正常細胞の栄養を奪いながらいつまでも生き続ける、いわば死なない細胞です。それを抑制するためにがん抑制遺伝子があるのですが、何らかの原因で働くことができず、がん細胞を無制限に増殖させてしまうのです。

 

この遺伝子異常を正常な状態に戻してあげようとするのが遺伝子治療です。がん抑制遺伝子を注射もしくは点滴で体内に導入することで、細胞分裂を抑えたり、異常な細胞を自死させて、がんを消していこうとするわけです。

 

もともと人の体にある遺伝子を扱うので副作用がほとんどみられず、ほかの治療に組み合わせることも可能など、メリットが大きい遺伝子治療は大きな可能性を秘めた治療法だといえるでしょう。

https://tenjin-cc.net/

不妊治療でアンチエイジング、その効果は?

不妊治療は高齢だからするというものではありませんが、晩婚化・晩産化が進んだ結果、患者さんの高齢化も進んでいます。特に今多いのは40才前後の患者さんです。

一般的には高齢になるほど妊娠しづらくなるのですが、その原因の多くは卵子の老化にあります。残念ながら今の医学では卵子の老化を止める術はありません。「卵子凍結」という方法もありますが、費用も高額になり、まだあまり一般的とはいえないでしょう。

しかし、卵子の老化を止めることはできなくても、遅らせることはできます。老化を少しでも遅らせれば、その分妊娠しやすくなると言えるので、自分の生活に取り入れてみる価値はあると思います。

その方法は普段の生活で誰にでもできる方法、いわゆる「アンチエイジング」と同じです。バランスのよい食生活を心がけ、適度な運動をすること。そして良質な睡眠をとり、前向きな気持ちをもつこと。こうした普段の生活が抗酸化力のアップにつながります。

抗酸化力を高めることは、卵子の老化対策にも有効ですが、女性の肌トラブルや病気の予防にもつながります。普段の生活の中に積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

https://biyonai.net/

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !